防犯対策について考える

仙台において防犯対策については、まず犯罪心理として犯罪者がどういう行動を取るかを調べてみます。

一般にはコミュニティにおいてよく顔を合わすような、あるいは見通しの良い、隠れるような場所も余りないような場所では犯罪などは起こりにくいと考えられています。

こういう時に監視カメラやセンサーライトを設置するのは有効です。

もし部屋へ侵入しようとして、ブザーが鳴ったりすればそこへは入れないことになります。

自宅にいても歩くと音のする石を敷き詰めるのも察知するには1つの方法です。

夜など明るい場所で犯行が起きると見つけられやすいので照明器具は助けになります。

LED照明の街灯は数を増やすほど安全性は高まると考えられます。

犯行は短時間で行われることが多いので、侵入に手間どるような網入りガラスやフロートガラスで作られた窓だと効果的だとも言えます。

その他にテレビモニターの付いたインターホンやカード式の錠前、安全性の高い錠前を取り付けることも防犯には有効です。

いずれにしても地域全体として取り組んでゆく必要があります。